02.鈴木トオル -ボーカル・ワークショップー

]
日時:7月6日(土)
午前の部 10:30~12:00 定員20名
午後の部 13:00~14:30 定員20名
お申込みの際は「午前の部」もしくは「午後の部」のどちらかを参加申込の後、コメントでご指定ください。
料金: 一般¥2,500- 学生¥2,000-場所:博多駅東1丁目17-1福岡県東総合庁舎5F プレゼンテーションルーム&録音スタジオ——–

歌ってなんだろう?
なんでぼくらは歌うんだろう?!
なんでこの歌でみんなもりあがるんだろう?!
なんでぼくの人生はこの歌で変わったんだろう?!
そしてその歌を聴いた時、なんで涙があふれるのだろう?
今回の『知の移転プロジェクト』では「歌う」ことをテーマとして、人の心を動かす「歌う」力をお伝えします。

あらゆる楽器のなかでおそらく最も多様な個性を有する楽器。それがボーカルという人間が声を使って奏でる楽器です。
ポップミュージックにおいて最も影響力のある楽器とも言えるのではないでしょうか。

多くのスタイルを持つこの楽器の中で今回選ばせて頂いたのは、ハイトーンボーカリストの中のハイトーンボーカリスト、鈴木トオル氏です。鈴木氏はLOOKというバンドで85年に発表した大ヒット曲「シャイニンオン・君が哀しい」を歌った、日本を代表するボーカリストの一人です

様々なデジタルテクノロジーが「歌う」という領域にも入ってきて久しい現代において、もう一度「歌う」力に求められる根源的なもの。それが用意された時に、人の心に壮大なメッセージをなしえる「歌う」力を、みなさんとひも解いていきたいと思っています。

// 内容 //
音楽制作の現場でしか体験できないボーカルレコーディングを通して鈴木氏の声を直接生で聴く事で、ボーカリストの持つポテンシャルが最大に高められた時に起こる「歌う」力を存分に身体で感じてもらえるワークショップです。

前半はセミナールームにおいて、歌う時の精神的な姿勢や想い、トレーニングの方法等を質疑を含めたセミナー形式で鈴木氏に語っていただきます。ボーカリストを目指す方達には教科書では学ぶことのできない貴重な体験となります。

後半はスタジオに移動し「シャイニンオン・君が哀しい」、「太陽はまたくる」の二曲のボーカルレコーディングを生で視聴します。普段は見ることのできないレコーディング現場でのボーカリストの在り方をお伝えします。

全てのボーカリスト、そしてボーカリストを目指す方には必見のワークショップです。