夢の叶え方をMIYAVI に学べ!

1236492_10152039980698039_2196786034882896059_n
ーでも今は「ほんと夢をありがとう!」って言いたいー

このところ数名の友達から「紅白にMIYAVIでましたね〜っ!」ってメッセージ頂くのでどんなことやったのかとチェックしたらSMAPにゲストででてたんですね〜^^;

MIYAVIが出演したアンジェリーナ・ジョリー監督の「アンブロークン」も昨年のクリスマスからさい先良い滑り出しを見せて、いよいよ世界で普通に評価される日も近くなってきたのを感じてる今日この頃。

何度か話した事もあると思うけど、新しい友達も増えたのでもう一度つっこんで。

この男の凄いところはもちろん頭が良かったり、そもそも半端なくかっこ良かったりするのだけどw、一番肝心なところはとんでもない向上心と志の高さ。
そのうえで実行力がRealに凄いところが彼が道をひらけた最大の要因だと思ってます。

何度か上手くいかない状況の時期も見てきたけど、絶対に諦めない男です。

ぼくもずいぶん凄い人達見てきた筈だけど、こんな圧倒的な魂は正直言って初めてのことだったと思います。

でも彼もぼくと作品創っていた頃は、演奏もかっこいいんだけどまだツッコミどころも満載(特にグルーブが)だったのでギターを弾かせなかった曲もある。だけど絶対彼は「こん畜生!!!!!」と思って頑張ったに違いないのだw

アルバムやった後の渋谷公会堂のライブが何かちゃんと消化出来てないままの演奏になってるのをぼくは怒って帰っちゃったけど短気ですいません。

もちろん今の彼に文句なんかありはしません!!

とにかく彼の向上心の片鱗を説明するなら、過密なスケジュールの中ぽっこり空いた数時間があれば、自分が習得したくて習っている先生たちに直接電話入れて「この時間に教えてくれへん?」って感じでどんどんスケジュールを入れる訳。ピアノ、英会話、ボイトレ等々。

近くに住んでいたからよく知ってるけど、当時は近くのリハスタに仲良くなったミュージシャンたちとよくセッションしていたし、様々な芸術家達と深夜の地下でのセッションもマメすぎるくらいやっていた。

ある日、ぼくが企画していた仕事ではないセッションで朝早くからスタジオに入る事になってたんだけど、朝着いたら呼んでもないのに「よう!」とか言って車から顔を出すんです彼は。。

「え〜なんで知ってんの?」って感じで始まるんだけどぼくなら何かやらせてくれるだろうって読みも彼にはあって、ぼくはまんまとMIYAVIの時間も作る事になる訳^^;とても迷惑な男なんですw

でも、とにかく大きな志を抱いて自分に投資をしまくった男を、ちゃんと世界が認め始めていることをぼくは最高に嬉しいですし、逆に今はたくさんのメッセージをもらったんだなって感じています。

5年くらいまるまる闘病してもまたやろうと思えたのも彼の姿を遠くから見てたからに違いないんです。

だから音楽をして生きるのはただ音楽を伝えるだけじゃないんだとも思ってます。

音楽をやっているみなさん、そんな男に勝てますか??

あそこまでいくのはもう伊達じゃない。最高のSAMURAIです!!

でもぼくはこれから、彼には逆立ちしても創れないような人の心を大きく揺さぶる音楽を創ってゆこうと思ってます^^

結果はどうであれ負ける気なんかサラサラない訳w

でも今は「ほんと夢をありがとう!」って言いたい。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

http://mステ.jp/archives/5215