ー切なくてとびっきりに恋しいものと感謝ー 〜初心の地で想うこと〜


ー切なくてとびっきりに恋しいものと感謝ー
〜初心の地で想うこと〜

今日はいよいよ最終日のSCP(サウスコーストプラザ)の公演に向いますが、昨日のアメリカのインディペンデンスデイの写真を少々。

昨日はHBP(ハンティングトン ビーチパレード)でHBハイスクール前でイマジンワンワールド公演をおこないました。

本番のステージはやはりぼくはアップできないのでほぼ舞台裏(本番直前までの様子と終わってからのお招き頂いたところをアップします。
(正式な方はこちらに上がってきますので是非チェックしてください!
https://www.facebook.com/imagineoneworld?fref=ts )

あまり深い意味はないけど今回も時系列に並んでますので、なんとなく様子を感じて頂ければ
幸いです^^

昨日は野外な事も有り野武士さんが力一杯野武士としての楽曲をたくさんやってくれてパレードが終わった観客を盛り上げてくれたのが印象的でしたが、逆に今日はグループとしての音楽を中心にSCPという高級店が軒を連ねるこちらでも有名なショッピングモールでの演奏になりますが頑張ってきます。

しかし、もう8日目ともなるとさすがに日本が恋しくなりますね〜。

ていうかはっきり言って母と母のご飯が恋しいw

それから昨日は日米協会アーバー会長の娘さんのミナミちゃんが可愛過ぎて、娘のモカを2、3才くらいの時にWild Peachというバンドのレコーディングで伊豆キティに連れて行ったときと同じように若者たちに囲まれてはしゃいで笑いすぎて、でも別れるときの悲しさっていったら。
たまらない様子までそっくりで本当に切なかです。

そしてそのモカの初めて高校生になった姿に出会えるのはあと数日なので、それがまた切なくて
とびっきりに恋しい。

そして7月の後半からぼくは自分が達成したいクリエイターとしての最後のビジョンに取り組みはじめていきますが、こういう気持ちで今も生きていられることに最大の感謝の意を、この初心の地LAで捧げたいと思います。

そしてこのプロジェクトでこの地に連れてきて頂いた高倉社長にも今、本当に感謝したいと思います。

現在こちらは朝のもうすぐ6時。出発まで1時間半です。

 

ではみなさま、今日は最後の公演、どうぞよろしくお願い申し上げます。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹