ー「やらないこと」の重要性ー 〜The Music Plantさんの記事に想う〜

ー「やらないこと」の重要性ー 〜The Music Plantさんの記事に想う〜

う〜ん。タイムリーなのでシェア。この北欧のミュージシャンを招聘するお仕事をされている
The Music Plantさんの文章が秀逸。というより考えさせられる。

・・1人の人がバンドをいくつもかけもちして、まるで自分の活動にフォーカス出来てない。リスクないところにリターンなし。やることより「やらないこと」の方が重要。・・

これはぼくらの世界で言うところのセッションマンとして活動している人のことをいっている訳でなく、自分の音楽をやる人の活動の仕方に付いて愛情を持って苦言を呈しているのだと
理解します。

・・他のミュージシャンと演奏すれば、何らかの形で刺激されることもあるだろうし…実際楽しいだろうよ、とは思う。でも、それと自分の国際的なプロフィールを組み立てていくことはまったく別のことだ。楽しいからといってセッション・ミュージシャンでもないのに、あちこちやるのは、ホントに良くない。しっかり自分の足の上に立っていないのに、あれやこれややって、いったい何だというのだ。しっかり自分のバンドを10年以上やる。アルバムを定期的に出す。ライブを定期的にやる。それに尽きると思うよ。ホントに当たり前のこと。・・

昨日、解散したFuzzy Controlというバンドはドリカムはじめ、いくつかのサポートを後半行なったのはセッションマンとしての活動であるが、12年という歳月をたったひとつのスリーピースバンドで戦っていったのだから、本当に素晴らしい態度でやりきったのだなと痛感した。
ほんとにお疲れさまでした。そして最後にこれ!

・・そして、いずれにしても残念ながら、私の時間は限られているし、申し訳ないけど心の底からいいと思っている音楽以外はプロモーションにも企画書にもお腹に力が入らないので、すべてとっとと断る事にしている。・・

ここまで今のぼくは潔くは出来ないものの、確実にこの方向性に進んでいる訳なので、この文章の主には本当に共感できます。Fuzzy Controlにしても、MIYAVIにしても、川上未映子にしても年単位で関わっていけたことはとても素晴らしい経験でした。またこれからそれに匹敵するくらいの魂に出逢う為に自分をいかに高めていくか。自分次第なのだと思います。みなさん、心の底からいいと思える音楽に没頭しましょうね^^それは正に奇跡的なことなんですから。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹


◆THE MUSIC PLANT日記 (2015.6.21)◆ ミュージシャンさんの皆さんへ(偉そうな)アドバイス ※全文を読むには、会員登録が必要なようです。