ー是非、「鳥の歌」プロジェクトを応援してくださいー 〜自分の音楽に大きな影響を頂いたもう一人の師匠、井上艦氏〜

ー是非、「鳥の歌」プロジェクトを応援してくださいー
〜自分の音楽に大きな影響を頂いたもう一人の師匠、井上艦氏〜

アレンジャーとして、音楽プロデューサーとしてこんな偉大な方と、ぼくは23~25歳のころ(つまり30年くらい前ですが)臨時のローディーとしてレコーディングやライブの現場を、時には八ヶ岳のリハーサルスタジオの合宿までご一緒させていただきました。

アレンジャーという存在を知らしめたのはぼくら(高当時)にとっては艦さんで、寺尾聡の大ヒット曲、「ルビーの指輪」も収録されているアルバム「リフレクションズ」は当時も今も斬新極まりなく、それでいて大衆音楽としても成立できた数少ない成功例なのではないでしょうか?

現在も福山雅治バンドのリーダー兼プロデューサーとしても活動されているのはご存知の方も多いことでしょう。

その艦さんがその当時から大切にされていたのが、パブロ・カザルスの「鳥の歌」というコンセプトで、30年以上かけて成就していくという音楽家にとって大切な生き方を伝えてくれているのだから本当に凄い方だと思います。

是非今回、井上艦氏率いる「鳥の歌」欧州ツアーのクラウドファウンディングでみなさまにも応援していただけたら嬉しく思います。

ぼくも尊敬するバイオリン奏者の金子飛鳥さんはじめ、素晴らしい音楽家の方々と日本の良質の音楽を世界に発信してもらえると思います。

「ジミハデ」という言葉を当時も歌詞の中に入れたりされてましたけど、こういう本物の音楽家が良い活動をしていけるような日本であってほしいとぼくは願っています。

当時からアーティストとしても素晴らしい活動をされていて、ピーター・ガブリエルの音楽面での片腕とも言われたデビッド・ローズとの双頭ユニットや、現在HIROMI UEHARAのトリオで日本でも馴染みが深くなったサイモン・フィリップスとのリハーサルから本番も目の前で見せていただきましたし、スタジオの山木氏や美久月氏、そして今氏とのセッションで音楽制作の現場を極度の緊張をしながらも食い入るように後ろから見つめていたのは紛れもなく23,4の僕でした。。

もちろん、ぼくも微力ながら応援させていただきます。

みなさま、よかったらシェアして応援いただけると嬉しく思います。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

https://www.makuake.com/project/rengatorinouta/