ー走馬灯ー 〜ご縁がパマルで輪になって廻った日2016/2/23〜

ー走馬灯ー

〜ご縁がパマルで輪になって廻った日2016/2/23〜

今日の森部先生の講演は本当に素晴らしかったのは一つ前にも
書いた通りなのだがもうひとつお話ししたいことがある。

今日12時半に終わった後、参加のみなさんは初対面にもかかわらず、
どんどん話が弾んでそれこそ廻り出しそうだったのだが、
ぼくにとってはお世話になった人たちが次から次に訪れる不思議な一日になった。

まずは森部先生に久しぶりにお会いしたのだが、彼はパマルのオーナーの稲葉さんとの
ご縁をつないでくれたのは森部さんその人だったのだ。
一昨年の12月20日にぼくが病のことをFBで話させてもらう前日、
ぼくは稲葉さんに彼の生誕50周年のパーティーでお会いし、
仲良くさせていただくこととなった。

そして昨年サロンスタジオ建設がどんどん具体化して行っての、
今日だったのだ。

さらに面白いのはA-HEAD RECORDSを3年間も一緒にやってくれた枡田浩二氏がたぶんいけると思うとmessengerでくれたこと。
後で聞いたら朝のぼくの記事を読んでちょうどスケジュールがキャンセルされたので行ってみようと考えたらしいのだ。

まさか朝6時に書いた記事見てほんとに来てくれる人がいるとは
思ってないし、それが浩二さんなのが、
やっぱり3年間一緒にやってよかったと改めて感じた。

そして終演後、先日Hard Rock Cafeに復帰したばかりの廣瀬さん
(ハードロックのイベントをたくさんぼくを起用して組んでくれたかた)がパマルを見に来てくれることにはなってたのだけど、
もう一人とんでもない予想外の客人がドアの外から覗いていて、、

なんと熊本では本当に有名なオカリナとキーボードのDuoグループVientoさんのオカリナ奏者吉川万里さんが「ここなの〜?」なんて追い討ちを
かけるように4年ぶりに目の前に現れるものだから感激してしまった。

Vientoは基本は阿蘇に住み活動されているのだが、ぼくが病気治療をしていた時足繁く通いつめ、本当はぼくは南阿蘇の古民家に住むことを決めていて、アスペクタの客席というか芝生をどんどん上がっていったところに音楽堂があるのだが(ほとんどの人は知らないと思うが)そこにスタジオを作らせてくれるってことになっていたのだ。。

今考えると不思議な話でそうなってたらどうなってただろうと考えることもあるのだが、その頃にほんとに優しく、時に親切にビエントさんたちはよそ者のぼくと話してくれたり
ぼくの作品を褒めてくれたりした。

そして一番新しい登場人物は先日まで一緒にデザインを学んで
他でもいろいろ一緒に取り組んできた通称ななちゃんが今回のお手伝いしている。

また壁には昨年の明星和楽で来福し翌日パマルで個展を開いたRio Nakanoのパマルの絵が
今日額縁に入って壁に掛けられた。

今日お集まりになった初対面の方たちもほんとにいい方達でまた新しいご縁が始まったら
嬉しいことだし、みんな含めて机を真ん中に走馬灯のように廻ってたように後から感じた。

Vientoさんは先日のRKB毎日放送で又吉直樹 『神の島を行く』〜宗像大社と出光佐三〜の音楽を担当されていてDVDを頂いた。
ぼくは宗像市(当時は郡)に住み宗像高校に通い、宗像大社の剣道大会で小3のときどんどん面が決まって奇跡の準優勝したことがあったりするくらい宗像とはご縁があるが、そもそも沖ノ島は宗像三女神が祀られていることで有名でその中のお一方は芸能の神様とも言われている市杵嶋姫命、仏教的には弁財天様ということになっているとこの絵を描いていただいた方に教えてもらったことがある。

是非これを機会に美紀さんの書く曲とオカリナがほんとにいつも美しいVientoというグループを聴いてみて欲しい。
http://www.viento-office.com/

その音楽は、阿蘇の神々が深〜く呼吸して怒ってみたり、泣いてみたり、時には爽やかに微笑んでみたりするその情景のような音楽であるからまた音楽は素晴らしいなと思ったりするのだが、これをご縁にパマルでも奏でて欲しいと万里さんにお伝えさせてもらった。

九州全域でのホールツアーではどの会場も満杯のお客さんに届けてい方たちがせいぜい30人の前で奏でる音楽も贅沢でいいよななんて思うのはぼくだけだろうか?
今年もまた小さくても有意義なイベントをたくさん開けたら嬉しい。

きっと死ぬまでにはもっともっと大きくて嬉しい走馬灯になっているんではないかな。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


またまた長文失礼しました。

今日お会いできたすべてのみなさんに本当に感謝です!

最後のは前にパマルの前で撮ったA-HEAD RECORDS最後のツーショット(個人的には秘蔵品)

もつべきものは友であるな^^

A-HEAD RECORDS 堤秀樹