みなさま、メリークリスマス♬

みなさま、メリークリスマス♬

今年はやめておこうと思ってたのですが、この曲はとても大事な曲なので
やはりリンクさせていただきます。
https://myspace.com/…/vi…/christmas-is…-original-/22881579


2006年の冬に発表した曲なので、もうかれこれ9年の歳月が過ぎてしまいました。
そして2008年にぼくは病に倒れてしまいますのでそこからでも7年半。
移植からでも、おかげさまで12/21で6年を迎える事ができましたが、
あっという間に月日は流れていきますね。

でもぼくにとっては、かけがいのない9年となった事は
強がりでもなんでもなくその通りなのです。
新しいビジョンに向かって毎日毎日忙しく勉強してきた約半年がまた、たくさんの新しい仲間たち(娘や息子たちみたいな仲間ですが)と共にまだまだ未熟ではありますが、
視覚を通したクリエイティブの道を確かに開いてくれているようです。

先ほど母からお手紙をもらってそこにはこう書いてありました。

(途中から)発症以来長い長いみちのりでしたでしょう。自分の身の回りの大きく変わった出来事と共に、父親の死と母親との暮らしなど。でもやはり母さんが思い出すのは秀樹の”笑顔”です。この7年数ヶ月ご苦労様でした。本当にありがとう。

と言ってくれました。

自分では、意識したことはなかったんですが、かあさんはいつも、「あんたはどんな時でも
明るかったよ〜!」って言ってくれるんですけど、本当だとしたらそれは本当に嬉しい事で、
それはむしろ誇らしくさえありますけど、本当に大変だったのは恐ろしい思いをさせてしまったのは父母であるのだからありがとう!っていいたいのはぼくの方です。
たくさんの方々にもご心配をお掛けして助けてもいただいて
ここまでこれた事をこの場を借りて感謝します。

長い長い時間をかけて立て直していったこの体は、今は嘘のように元気で
たぶん今までの人生で一番健康なのではないかと思います。
その体で残りの人生をいかにお役に立っていけるのか、来年からは本格的に
やらせていただけそうです。

たくさんの様々なジャンルのクリエイターたちと、まだ見ぬ何かを作っていきたいと
思っていますのでよろしくお願いいたします。

それでは、この季節お馴染みになりましたけど「Christmas is…」のオリジナルを聴いてください。

今年も間に合えば23日のStudio Pas malのライブでChihyang Leeさんに歌ってもらいたかったのですが間に合わなかったので、ぜひ来年は彼女と彼女の教え子の子供達に歌ってもらいたいと思っています。鈴木トオルさんのバージョンからすると9年ぶりに新しいバージョンを作らせていただいてまたUnicefに寄付できたらと思っています。
http://www.unicef.or.jp/osirase/back2006/0611_08.htm

では、もう一度Merry Christmas☆

A-HEAD RECORDS 堤秀樹