ー life is beautiful…ー ~また会いたいと願う人に胸を張って会えるように~

ーlife is beautiful…ー

〜また会いたいと願う人に胸を張って会えるように〜

いよいよ、明日なのです。今年の2月から本格的に始動したIMAGINE ONEWORLD着物プロジェクトのロスアンジェルス公演に行って参ります。が、まだ準備ができておりません。。明日から10日程福岡を留守にさせて頂きますが、帰りは成田についてぼくは残らせて頂いてそのまま娘のモカに

会いにいってきます。LINEでは「ご飯食べるか?」と聞くと、「まあ、いいっすよ」と返ってきたけど心では嬉しい筈だ^^;。ぼくも「にくたらしいけど、よろしくお願い致します〜」と 答えておいた。それから今回東京時代の親友二人にも会いに行きます。
今絶対会っておきたい二人なのです。絶対会いに行きます。また2月からずっと、博多駅前のRuby Studioで曲創るところからご一緒したグループのみんなや蝶屋のみなさんとも今回の最終目的の地でもあったLAにて全員で会えるのは本当に嬉しいこと。

嘉穂劇場公演にまで来てくれたロス在住のレイラさんとKenji Nakaiさんにもまた会えるんだな〜。愉しみにしてます。ぼくは真面目に「最悪行かなくてもいい」と思っていたので、最終的に最後まで関わらせて頂けたことに感謝しています。そして渡米前日の今日のこの忙しい最中、我が闘病中の戦友なおたんがFBで「面会OKよ!」みたいな声明を出した。数週間前に一旦呼吸停止にまでなった彼女だけどここ数日で一般病棟に復帰した彼女に、渡米前に一目と思って会いに行ったら案の定帰ろうとすると引き止められ、帰ろうとすると引き止められ、結局長居することになりましたw。しかし彼女は本当に強くなった。度重なるアクシデントの度にどんどん強くなった。
そして今日の彼女の文はこうだ!

ーーなにもないなんてつまらないよ。
どこを見るか。なにを控えめにするか。
それが個性なんじゃなかろうか。ーーー

そしてここが最高!!

ーー転んで落ちこんで踏みつけられ。それが悪いってだれが決めたの。
立ち上がり、立ち直る。成長する。
それには、多少のズッコケは必要。ーー

そう。おれたちはお互い七年にも及ぶ『多少のズッコケが必要』だった、成長する為に。。素晴しい文だと感心した。そして感謝した。そして少しズッコケたw。まだこの世界に存在して挑戦を続けて行くことが出来る幸運に感謝するのは、ぼくも彼女もきっと同じだと思う。そしてまた誰かと出会う。別れる。

そしてまたみなに会いたいと願う。。そしてぼくが彼女よりすこし先に行く。彼女は負けてらんないと奮起する。でもまた踏んづけられる。そしてまた立ち上がり一段と成長しパワーアップするのだ。そのどこが悪いんだと彼女は言っている。ぼくはそのとおりだと思う。でもほんとは君に負けないようにぼくも頑張る。彼女のこの文のタイトル。life is beautiful…ってこころから言えるように。。そしてまた会いたいと願う人に胸を張って会えるように。頑張って参ります。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹