ーぼくと野澤氏のナレソメー

ーぼくと野澤氏のナレソメー

ぼくは、今回野澤孝智氏と一緒に11/13の3つの素敵なイベントをやらせてもらえることを本当に嬉しく思っている。
野澤さんたちが「夜空ノムコウ」を世に出したのは1998年1月だが、ぼくはその頃まだ師匠の笹路正徳(ささじ まさのり)氏のハートミュージックに在籍してまだまだ自分の作品に自信が持てない修行期間だったが、この曲のCHOKKAKUさんのアレンジにはぶっ飛んだ。
もちろん曲も名曲だと思っていた。
「自分にもっと力があったら周りの人たちにも、もっと喜んでもらえるはずなのに」と本当にそういうプロジェクトの実力に憧れてもいた記憶がある。
そして2000年にハートミュージックを卒業させてもらって1年間フリーでやったあと、2002年にビクター系列のプロダクションHit Vibeに入ることになった。
現在も籍を置いているビクターミュージックアーツの前身である。
そしてプロデューサーチームの一員として川上未映子 や Fuzzy Controlのプロデュースが程なく始まり、ぼくにとっては運命の出会いになるのだ。
というのもずっと自宅以外のスタジオを探していたぼくに野澤さんがそのプロデューサーチームにやってきて「シェアードスタジオをこれから青山Victor Studioの隣の自社ビルに作るから一緒にやってくれる人いませんか?」という提案になんの迷いもなく手を挙げたのはぼく一人だったように思うし、それから3年半の間ぼくはその憧れていたチームの長と隣同士のスタジオで毎日毎日顔を合わせ、挨拶を交わしたり、ときには雑談もしながら、ぼくは結構若い危険な奴らwをどんどんそこに招いていろんなプロジェクトをやったりしていたのだが、いつもおっきな気持ちで眺めててくれたのが野澤氏なのだ。体は壊したもののぼくにとっては人生の中で今のところ最高に充実した3年半を彼はぼくに与えてくれた。お互いに挑戦し、切磋琢磨した濃厚な時間だったと思う。

野澤さんはその頃は主に関ジャニ∞をプロデュースされていたし、ぼくはMIYAVIくんをそこでは
一番長くやったのだが、隣の部屋同士で全く違うタイプの音楽がその空間には毎日爆音で流れていた様に思うしw(ある意味二人ともやりたい放題だったかもしれない。。)

でも、そんな空間をぼくたちは本当に愛おしく思っていたはずなのだ。

そんな野澤さんがアーティスト活動に入られたのはもちろん知っていたので、西日本はぼくが絶対応援したいと思っていたところに1週間くらい前に「堤さん、福岡行きますから1時間くらいないですか?」っと。

「ないわけないじゃないですか!!」って話で、ここまで成立させるのに正味3日で成立させましたが、この方の話を聞けることなんてそうそうない訳で音楽やってる人は絶対聞いて欲しいなと思ってます。

もちろん、音楽やっていない方にも興味深い内容になると思ってます。

そしてHard Rock Cafe FUKUOKAのLiveですが、ソロ活動の音源聴かせてもらいましたが、
とんでもなくうまい!そしてご自分でもおっしゃっているように「自分にできることは何なのか?」をちゃんとセルフプロデュースできている作品だと思いました。

みなさんは尊敬できる方はいますか?
ぼくは数人います。
野澤さんはそのひとりなので是非皆さんにご紹介したいのです。

今年の11/13は是非博多駅の近くでぼくらと一緒に過ごしましょう♪
◆講演&ワークショップページ
https://www.facebook.com/events/306332329759478/?ti=icl

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日本の音楽を創ったプロデューサー達 Vol.1 野澤孝智氏(GONZO)
日時:2016年11月13日(日)
13:00 GONZO~Hard Rock Cafe Live Music~
15:00 第一部講演「これからの音楽とヒット曲の原則論について」
16:45 第二部音楽制作ワークショップ「スペシャル音源を紐解く制作ワークショップ」
会場:LIVEはHard Rock Cafe 福岡、第一部および第二部は、福岡県福岡東総合庁舎5階
各部料金:LIVEは無料、一部¥3,500-、二部¥4,000-、一部二部通し¥7,000-
主催:a-head records、共催:Hard rock cafe 福岡

お問い合わせ:aheadrecords@gmail.com または a-head records 080-3228-4323(担当:堤)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////