-きっと何かが繋がり始めてますね-

image
-きっと何かが繋がり始めてますね-

今日は母とのデートのあと、頂いたフライヤーを博多駅、中洲、天神のレコード店、ビンテージギターショップ、ライブハウス、リハスタ、楽器屋さんはイシバシ、島村楽器、keyと配ってもう残りわずかになってしまったけど、みなさん好意的に置かせてもらえました!
なかでも面白かったのは中洲ゲイツの7Fにあるドラム専門店DRUM TRIBEのオーナー柿園さんを訪ねたとき、おもむろに「これの方でしょっ?」とCDの棚から出してくれたこの2枚、『SMAPPIES Rhythmsticks』『SMAPPIES Ⅱ』(※Amazonの該当ページにリンクしています。)image

このアルバムがどういうアルバムか知ってますか?
1999年にSMAP楽曲をブレッカー・ブラザーズ、オマー・ハキム、マイク・マイニエリ、ヴィニー・カリウタ、ウィル・リー、フィリップ・セスなど、とんでもない世界のトップミュージシャンたちを配した当時業界でも評判になったアルバムです。ad lib誌でも金賞を獲得しているとのこと。

もしかしたら今回のコンセプトのど真ん中に位置するかもしれないアルバムがまさかここに。。リクエスト済。

いかにSMAP楽曲やそのアレンジが日本の音楽のトップレベルで選曲、制作されたものかを物語るアルバムなのだが、クレジットに野澤さんはじめ存じている方々がたくさんいて、あらためてその当時の熱を感じた次第。
そして、そのビッグプロジェクトを率いたのが野澤さんなのです。
若手の中にも日々前進していきたいと願ってる人がたくさんいることも知っているし、地方はそんな人たちが身近にほとんどいないので今回の野澤氏の講演とワークショップで是非ひとつでもふたつでも進化してもらえると嬉しい限りです。

image
話は脱線してしまいましたが、そんなことを考えながらゲイツビルを降りて道に出た瞬間、
ハードロックカフェの広告バスが目の前に現れた。。

ぼくの勘ではきっと何かが繋がり始めてますね^ ^

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日本の音楽を創ったプロデューサー達 Vol.1 野澤孝智氏(GONZO)
日時:2016年11月13日(日)
13:00 GONZO~Hard Rock Cafe Live Music~
15:00 第一部講演「これからの音楽とヒット曲の原則論について」
16:45 第二部音楽制作ワークショップ「スペシャル音源を紐解く制作ワークショップ」
会場:LIVEはHard Rock Cafe 福岡、第一部および第二部は、福岡県福岡東総合庁舎5階
各部料金:LIVEは無料、一部¥3,500-、二部¥4,000-、一部二部通し¥7,000-
主催:a-head records、共催:Hard rock cafe 福岡

お問い合わせ:aheadrecords@gmail.com または a-head records 080-3228-4323(受付時間 10:00~18:00 担当:堤)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////