FUKUOKA Future Music Academy(FFMA) のこと。

9月からぼくは、「FUKUOKA Future Music Academy(FFMA)」という音楽制作教育機関を始動させてきました。土曜、日曜、月曜と結構タイトにやってきて、初心者から中級者、お仕事もしていたり、アーティスト活動している方たちも同じ状況で教えてきました。
そして昨日から3ヶ月目に入りましたが、、かなりの手応えに驚いてます。
今回のぼくの目標は「福岡に正しく音楽制作ができる人材を育てていきたい」というもので、
制作者に必要な能力を考えた時にぼくの領分である、1.音楽理論、2.作曲、3.エンジニアリングとDTMも含めたアレンジ(編曲)を3本柱にすることにしました。そして、この2ヶ月間、普通の仕事もする中で時間を作って、ひたむきに取り組んできた人たちに変化が生まれてきているのが
よくわかります。一つには理論のテストでの回答速度や回答の質が格段に上がってきたことや単純に作ってくる曲の質が上がってきていること。アレンジも作曲も。。それが物語ってますよね。
ぼくもいろいろと教えてきましたけど、正直このスピード感は感じたことがないのです。
でもたぶん理由はこうです。

1. 音楽が大好きな方が集まったこと。
2. 物事を習得するということの意味合いがわかっている方が多く集まってくれたこと。
3. ぼくが彼らに必要だと思う講義内容とトレーニングをカスタマイズで毎週作っていること。

半年目標で行っているこのプロジェクトを卒業できる人たちは、きっと九州では音楽制作にかけてトップクラスになってくると思いますから、音楽を生業にするしないは別としても、とても頼もしい仲間たちになってくれると感じています。そしてFFMAが制作している野澤氏のような音楽ワークショップも音楽を創っていく人たちの意識改革に一役買ってくれるんじゃないですかね。
本日、野澤さんから講演とワークショップの予定内容が送られてきて、使用音源もいただきました。音源、、感動しました。。はっきりいって内容が充実している上に、S⭕️⭕️ P 関連のお話もちゃんと考えてくれていて流石です^^

そして、これからの音楽ビジネスについてのこと、これからの音楽家の生き方などもお話くださるので、音楽家や制作者になりたいと考えている皆さんは今回こそは絶対見逃さないでくださいね。ぼくも業界のど真ん中に20年以上いさせてもらった一人だけど、この頃はちらほらソニアカとかやっと始まってるの知ってるくらいで、日本全国見渡しても、、こんなセミナーやワークショップって基本的にあまりやってなかったですから貴重だと思ってます。単なる宣伝と受け取ってもらっても全然いいですけど、音楽を真面目にやっている人たちにとって、また、音楽を愛していくれる人たちにとっても、

今回本当にいい情報と経験を提供できると感じてますので是非ご参加下さい。また長くなってすいません。。ではでは。A-HEAD RECORDS 堤秀樹野澤孝智講演会&ワークショップ
https://www.facebook.com/events/306332329759478/

日本の音楽を創ったプロデューサー達 Vol.1 野澤孝智氏(GONZO)
日時:2016年11月13日(日)
13:00 GONZO~Hard Rock Cafe Live Music~
15:00 第一部講演「これからの音楽とヒット曲の原則論について」
16:45 第二部音楽制作ワークショップ「スペシャル音源を紐解く制作ワークショップ」
会場:LIVEはHard Rock Cafe 福岡、第一部および第二部は、福岡県福岡東総合庁舎5階
各部料金:LIVEは無料、一部¥3,500-、二部¥4,000-、一部二部通し¥7,000-
主催:a-head records、共催:Hard rock cafe 福岡

お問い合わせはこちらまで aheadrecords@gmail.com または a-head records 080-3228-4323(受付時間10:00~18:00 担当:堤)