【Staff便り】FFMAの教材のこと。~アレンジ編~

staff です。先日FFMAの生徒さんが、使用教材の写真を見せてくれました。
堤氏に原典を尋ねたら、「Sammy Nesticoの『The Complete Arranger』だよ。」とのこと。   アレンジの授業で使っているそうです。
サミー・ネスティコ氏は、アメリカ、ピッツバーグ出身の作曲家・編曲家です。
そして、教育者でもありました。
公式ホームページの中に、インタビューが載っていたので紹介します。

ーWere you a good educator?
Sammy Nestico: I think so. I was always about the feel and the execution. When I taught at the University of Georgia, I’d always tell my students, “Don’t go on to the next page after you play something. Go back and analyze the music until you understand how it works.” I never had lessons in my classes. We’d rehearse tirelessly until they got it.

ーあなたは、優れた教育者でしたか?

サミー:そう思うよ。私はいつも気のむくままに演奏していたんだ。
ジョージア大学で教えていた時、「演奏してすぐに次のページに進まないで。戻って、それがどのように動作するか理解するまで音楽を分析するんだ。」と生徒たちに教えていたよ。
私は自分のクラスで練習をしたことはないよ。
彼らがそれを得るまで、飽きることなくリハーサルを行なったんだ。       (2010年1月11日 Jazz Waxとのインタビューから抜粋


The official Home of Sammy NESTICO Music  ‥公式ホームページ。英語。素敵な笑顔が印象的でした。

The complete arranger ‥amazon社にリンクしています。ペーパーバック版だと99ドル。日本語版は「在庫なし」のようです。※国立国会図書館に在庫があるとのこと。

image

音を分析するのですね。