Hard Rock Rising 2014: 世界最大規模のバンドコンテスト

hrc_hrr
Hard Rock Cafeによるグローバルなバンドコンテスト、Hard Rock Rising 2014のエントリーが1月7日に開始しました。日本でも5つのCafeで予選が行われ各Cafeの優勝者がそのまま世界予選へと進みます。

Hard Rock Cafeは世界56ヶ国に180の店舗を展開しており、そこから勝ち上がってくるバンドのトップ25が今夏にローマで開催されるHard Rock Live Rome に招待され、世界一を決めていきます。

2013年のコンテストの勝者はHard Rock Cafeの世界中のCafeを巡るライブツアー、プロモーションビデオの撮影、Hard Rock Records レーベルでアルバム制作、$10,000相当の楽器などのサポートをHard Rock Cafeから受けていますので、今年の優勝者も同様の待遇があるんじゃないかな・・と思っています。

エントリーは1月7日から27日まで可能です。
http://hardrockjapan.com/event/766/
A-HEAD RECORDSの堤もHard Rock Cafe FUKUOKAの審査員を努めます。

さて、Hard Rock Rising にはこの二年で24,000組以上のバンドが参加しています。その頂点を極めるのは大変なことですが、それでもあえて参加する事の意義を考えてみました。

グローバルな市場で自分をどのようにマッピンクできるのかに気づく

インターネットは音楽業界に革命をもたらし、流通や視聴環境は大きく変わりましたが、一人のアーティストとしてのコアの作業はあまり変わっていません。自らの個性を確立しその個性の枠をベースに作品を作ったり演奏したりファンとコミュニケーションする事です。

個性とは周りと対比して初めて確認が可能なものです。サラッと言ってしまうのがもったいないのですが、新しい自分は比較する対象を変えるだけで簡単に見つかったりします。

例えばこのHard Rock Rising という大きなイベントコミュニティに身を投じるだけで、他地域他国のCafeでのコンテスト状況にも興味を持つでしょう。競争している様々なアーティストとその音楽に触れることで、自分達の音楽の位置づけを確認できます。新しい地図の上に自分を見つける事で、その後の作品作りや演奏やファンとのコミュニケーションに違いがでてくるのは間違いありません。

新しい潮流に出会い、音楽性とコミュニケーションを進化させる

学習や練習を通して自らの能力を高め続ける事はどんな専門家にも大切な事ですが、自分の能力だけでは行けそうにないところにたどり着くには、自分を運んでくれる流れに自らを委ねないといけません。それは人との縁だったり新しいリスナー動向だったりします。将来大きな流れになるであろう今は小さな潮流は必ず変化が起きているところに存在します。2年前に始まったこのコンテストもその潮流の一つだと思っています。

さて、このコンテストへ参加するにはReverbNation への登録が必要です。ReverbNation は現在180か国に330万人の音楽業界関係者が登録しており、提供されてる楽曲の流通やファンとのコミュニケーションなどに役立つツールを使用しています。ReverbNationを将来使うかどうかはともかく、音楽で仕事をしていく助けになるオンラインツールとしてどんなものがあるのかを学習するにはとても良いサービスだと思って恵います。

ファンへのリーチを広げる

エントリーすることでHard Rock CafeやReverbNationのコミュニティ、そしてこのコンテストに注目するリスナーや音楽関係者に自分のプロフィールや作品を公開することなります。それは新しいファンを発見し、そして自らを発見されることにつながります。自分のファンコミュニティとその他のコミュニティとの接点をうまくつくり、お互いのコミュニティ拡大につなげていくことに音楽家はもっと積極的になってもよいと感じてます。

さて、僕がこのバンドコンテストでいいなー思う点は、ローカル性を重視したイベントだということです。ほとんどの音楽コンテストの類は同じ運営チームが1ヶ所で選考を行い最終予選参加者を決定するのに対し、Hard Rock Risingはそれぞれの店舗で選考が行われ勝者が直接最終予選へと進めます。

普通は各国ごとに絞られてその国の代表を・・という話しになるのですが、各店舗から・・ということは、地域でごとの決定で世界予選者のリストが決まるということです。最終予選は多様性が保証された戦いとなりますので、観戦する側としてもとても面白いイベントですね。

Hard Rock Cafeは全社をあげて未来の音楽を担うアーティストの発掘に力をいれており、2013年だけで地域ミュージシャンによるCafeライブを世界各地の店舗で25,000回以上開催しています。ホンキなグローバル企業による世界バンドコンテスト、今年も注目していきたいと思います。