Bass Player 納 浩一氏を紹介します。

次にご紹介するのは、現在の日本のJazz界で、とても重要な立場にあると
私が思っているこの方、Bass Playerの納浩一(おさむ こういち)氏です。

今回 HAKUのSolo Concertで弾いていただけるのが夢のようですが、Blue Note All Starsや
アコースティック・ウェザーリポート、EQなど日本のJAZZ界のトッププレイヤーであることは
間違いないでしょう。そして言わずと知れたJazz本のベストセラー「Jazz Standard Bible」の
著者でもあります。

その納氏がこのイムズホール、六本木クラップスでのコンサートのオファーに彼女の歌声を聴いて快諾いただくのに1時間もかかりませんでした。それはHAKUの音楽のキャリアにとって、とても光栄なことだったと思います。

まだ記憶に新しいところで、ビートたけし氏とのセッションCM「遊べ、もっと。ZENT」の
納氏の勇姿をどうぞ!

●「遊べ、もっと。ZENT」

https://www.youtube.com/watch?v=v_-TvnduTnI

「Jazz Standard Bible」のご購入はこちらからどうぞ。
(※Amazonにリンクしています。)

〇2019年 1/14(日)東京 六本木クラップス、1/28(日)福岡天神イムズホール、
HAKU SOLO CONCERT [Forbidden Colours]のチケット予約はこちら。

aheadrecords@gmail.comまで

公演場所(東京or福岡)、お名前、携帯番号、枚数をお知らせください。

追って返信させていただきます。

よろしくお願い致します!

A-HEAD RECORDS 堤秀樹


納 浩一 Official Website!

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)