【新しい音楽の息吹を新春、みなさまへ】

【新しい音楽の息吹を新春、みなさまへ】

みなさま、改めましてあけましておめでとうございます。

昨晩、ギターのイシイさんと無事に全曲打ち合わせ終了。

年末年始はアコーディオンのアライさんとも打ち合わせ完了。

そしてHAKUのオリジナル楽曲もお二人のお力を得て中々味わい深い曲になりそうです。

1/10に再び東京リハのため上京し、最後の詰めを3人のメンバーにイシイさんも交えて行います。

ぼくも正月返上で(今年は旧正月で正月を祝いますw)一通り譜面を書き終え、更にHAKUワールドが広がっていくのを感じてます。

本日HAKUはステージングの完成を目指して頑張っているようです!

昨年の初リハーサル以降、考え方も素晴らしい進化を遂げたHAKUを是非観に来てやってください。

全身全霊で歌うことと思います。

そして昨晩、フライヤーもイムズホール演奏者6名全員の入ったものを完成しました。(アライさんはイムズホールのみ)

WEBで先行して観ていただきたいと思ってます!

なんという贅沢な布陣、その音楽をイメージしていただけたら幸いです^^

この布陣も最初はぼくが長年の付き合いである中北裕子さんに声をかけさせてもらって、紺野紗衣さん、納浩一さんと普天間かおりさんをはじめ、様々なセッションでご一緒させていただいたぼくの尊敬する皆様からHAKUの歌を聴いて頂いて快諾していただき、その基礎ができました。

そしてHAKUが尊敬してやまない、 新井 武人 (Takehito Arai)さんをご紹介いただいてその素晴らしい音楽に出会い、最後に僕が昨年から親交を深めていたイシイ タカユキさんに声をかけさせて頂いて、東京と福岡の混成チームHAKUが完成したという、スケジュールも含めてミラクルが起こったのでした。

このミラクルをご縁あるみなさまとまずは東京、福岡の2公演ですが一緒に楽しんでいただけたらと願ってます!

福岡から新しい音楽の息吹を、そして福岡がもっと上質な音楽を発信していくための今回はとても大切なコンサートだと思ってぼくは取り組んできました。

そしてみなさま、既に、前々回よりもたくさんの皆様にご参加いただけることになっておりますが、目標まであともう少しです。

今一度、ご検討とご友人にもお声をかけていただけたら嬉しく思います。

それでは本年もよろしくお願い致します。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

1/28イムズホール公演、1/14六本木クラップス公演のご予約はこちらにメールで公演名、氏名、枚数、連絡先を明記の上、下記アドレスへお送りください。
aheadrecords@gmail.com