【SUKITA MUSIC】JAZZのフィールドから福岡で活動する、サキソフォーン奏者の浦ヒロノリさん!

そして、二人目の演者はJAZZのフィールドから福岡で活動するこの人、サキソフォーン奏者の浦ヒロノリさん!

SUKITA MUSICのCDでは2曲目、Hiwaka Jazzと4曲目のand…SilenceをそれぞれTenor SaxとSoprano Saxで吹き分けてもらいました。でも本職はAlt Saxだという。。w

ところで彼との馴れ初めはMIOSICという福岡出身のグループのアルバム曲の録音をSho君に頼まれたセッションででした。とにかく好感触だったのですがその後大事な時に良く会う人でwそういうご縁で今回吹いていただきました。

こういう実力があって、センスもある若いプレイヤーが福岡にも居てくれてありがたいです。

HIWAKA Jazzは鋤田さんの故郷直方市に伝わる日若踊りの三味線が奏でる節を実行委員会の坂田さんのリクエストもありサックスでやってもらったのですが素晴らしい内容だったと思いませんか?!

試聴用のSoundcloudが最下部にあるので是非聴いて観てください。

ーーーーーーーーーー
浦 ヒロノリ(サックス奏者)
1986年生まれ。福岡県出身。13歳からサックスを始め、ポールデスモンドを聴きジャズに興味を持つ。
高校卒業後にバークリー音楽大学へ奨学金を得て入学。在学中、バート バカラックのトリビュートコンサート[Great American Songbook]、Berklee commencement concertなどに選抜され出演。ソリストにも選ばれる。
2011年10月には日本人として初めて、ウクライナで開催される国際ジャズフェスティバル” International Days of Jazz Festival in Vinnitsa”に出演し好評を博す。
その他にアジア、ヨーロッパなど国内外での音楽フェスティバルやツアー、レコーディングにも多数参加。
Paula Cole、Keith WildChild Middleton、溝口肇、Takuya Kuroda、露崎春女、ミッキー吉野、Richard Hartley、MALTA、前田憲男、John Blackwell、モダーン今夜、Marshall McDonaldなど、様々などのアーティストと共演。
ジャズのみならずゴスペル、ソウル、ファンクなどから得ている音の表現は各方面から高い評価を得ており、現在は福岡を拠点に全国各地で活動を展開している。

https://ameblo.jp/urachanblog/
ーーーーーーーーーー

明日またおふたりご紹介します。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

日若ジャズ
https://soundcloud.com/hidekihttm/jazz