自分ちの田畑は自分で耕すってこと

「九州ギター☆マン倶楽部」(ギター☆マン公認)発足のご報告及びお誘い

ー自分ちの田畑は自分で耕すってことー

8/24ギターマンのプロデューサーの伊藤広規氏と福岡でご一緒するのはA-HEAD RECORDS presents 「九州ギター☆マン倶楽部」(ギター☆マン公認)に決まりました。

ご説明しますとこれはロックやコンテンポラリーミュージックの主要楽器(E.G, EB, Drum,KB Vo)をオーディションから始まります。
7/14までに最終オーディションに進む方達を選ばせて頂き、
最終オーディションは7/19ワンナインスタジオで行ないます。

そこで選ばれたメンバーで構成されたバンドをA-HEAD堤がリハーサルから指導していき、途中Youtube等を使って広規氏には遠隔でアドバイスを頂いたりしながら本番に向かって行きます。

そして8/24、天神ハートビートで「九州ギター☆マン倶楽部」はお昼前後からファン参加型の公開リハーサルを広規氏の指導のもと行なっていき、休憩時にはファンとの交流を深めながら、夜19時辺りからその成果を発表するライブに進んで行きます。

これから進んで行く中でどんどん企画自体が進化していくのではないかと思っています。

今回はぼくの福岡の音楽を愛する友人達がビジネスは置いておいて多数協力してくれることになってます。

ワンナインスタジオ柳氏、ハートビート ジェイソン華山氏、Roland須河氏おはじめみなさん、個人的に志願していただいた方々、そしてこの企画に迅速にご回答くださいましたギター☆マンを運営されているスイートルームの白坂氏、そしてもちろんくり子さん、伊藤広規素晴山社長!!

みなさんの心意気、確と受けとりました。

「自分ちの田畑は自分で耕す」ってことをみんなでやろうじゃないかというぼくたち音楽人の気持ちをこれからの若い音楽家たちに捧げます!!

最期に簡単なシステムを記します。
バンドは基本的に世代を3つに分けて作ります。(最終的には広規さんと話し合い最適なバンド数をつくります)

18歳までは、夢を突っ走るため。
27歳までは、音楽を生涯の仕事にするため。
27歳以上は、音楽で人生を豊かにするため。

と、くり子さんに素敵なお言葉を頂きました。

そしてオーディションを受けるのには3千円の参加料お支払い願いますがこれは同時に8/24当日の参加費も兼ねています。

またファンの皆さまも当日はお昼辺りから始まるリハーサルから一日どこからでも3千円で参加して頂くことが出来ます。

「九州ギター☆マン倶楽部」とはこのオーディションから参加する演奏者とファンが一体となって作るという意味でで俱楽部と命名しています。

その後の俱楽部活動の予定はたっていませんがこちらのみんなでこの流れをつくっていけたら嬉しく思います。

まだ正式な文面ではないですけどもう時間がないので、このオーディションに参加したい方はぼくにどんどんメッセージしてください。

tsutsumi@a-headrecords.jp
「九州ギター☆マン倶楽部」オーディション参加希望:担当楽器:プロフィール:連絡先住所を忘れずにお願いします。

追ってシステムは確定させますのでまずは参加の意思表明をお願い致します。
オーディションの楽曲や方法は今検討中です。

この活動が全国に飛び火して行くことを願って。

福岡より吉日。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

追伸:よかったら拡散お願い致します。

願わくば全国津々浦々までこの情報が飛んで行きますように♪