九州という土地に根付く伝統・唄処

ー九州という土地に根付く伝統・唄処ー

昨夜はこのお二人がRuby Contents Studioに遊びに来てくれました。

もちろん、九州ギター☆マン倶楽部(KG☆MC)への参加表明も!!

参加希望の方はぼくにどんどんメッセージくれていいですよ!

個人的にお会いして詳しく説明することもなにも問題ないですので積極的に来てください!!

ファイルのダウンロード方法も整いましたので、参加者は早く課題曲のファイルを手に入れてオーディションに向かって練習開始しましょう!

昨日のお二人には音楽的なアドバイスももちろんしました。

自分達の伝統の一部になってくれる人たちにぼくは出し惜しみする気なんてさらさら無いですし、なんでも教えてあげたいです。

ぼくの音楽人生の中で、音楽を教えてお金を頂いたのはTSMの渋谷校で教えた一年半の時期に、オーケストレーションと生楽器セミナーの授業と個人的な授業のみです。

またそういう時期を迎える可能性もありますが現在教えることのある全ての人達にぼくは無料で音楽は教えています。相手のやる気とぼくの期待、そしてお互いの信頼、これがリンクした時にそれは実現します。

なぜならぼくは基本的に制作者だという考えからそうしているのですが、今回のKG☆MCのオーディションを通してまた素敵なご縁を頂けるのではないかと愉しみにしています。

九州には素晴らしい歌を歌う、もしくはその可能性がある人たちがたくさんいます。彼女も間違いなくその中の一人でしょう。いい歌でした♪

ぼくはよく、「九州は唄処だ」と言っていますけどなんなんでしょう?
確実に伝統としてこの土地には唄が根付いています。

あとはその原石を本物に磨いていくことができる指導者がもっとほしいところですが、そうなってくると福岡なんかは特に、もう一度ムーブメントが起こせる土壌だと感じてます。

それではまずは7/12、7/13から始まる第一次審査に向かって、

行くぞギター☆マン!

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

九州ギター☆マン俱楽部へのご参加はこちらをよく読んでぼくにメールをください。
http://a-headrecords.jp/gmc001

堤秀樹メール
tsutsumi@a-headrecords.jp

2-7-1 2-7-2