Author Archives: 堤秀樹

【FFMA KIDS A】いろいろと見直しをしました!

本日、LoveFMのDJ Annaさんの番組「Top of the Morning」に出演して
【FFMA KIDS A】の宣伝をさせていただきました。

今回新たに土曜日の夕方クラスを増やし、子供たちがたくさん来てくれることで
料金も値下げし、音楽が大好きな子供たちが参加しやすくなるようにと考えました。

もちろん、値下げは現在応募してくれている皆さんにも適用させていただきます。

全体的にも下げましたし、兄弟割りも少しですが行います。
また入学金に関しても兄弟姉妹でのご参加は、お一人分免除させてもらうことにしました。

また、土曜日クラスがあることで、もし学校行事が土日のいずれかであった場合も
自分のクラス以外のクラスでその週のレッスンを受けられるように考えています。

まずは2クラス12名の子供たちと一緒に音楽を創ってみようと思っていますので、
是非もしご興味のある方はメールでメッセージください。

下記のとおりオーディション日時も追加で合計6回やらせてもらいますので
その中の30分をご指定いただければと思っています。

それでは音楽が大好きな子供たちに出逢えることを本当に愉しみにしています。
お問い合わせはこちら aheadrecords@gmail.com
080-3228-4323 (堤)

A-HEAD RECORDS 堤秀樹


18519732_10213236077318501_745942756254770362_n

【素晴らしき日々】〜GW明け、太宰府〜平尾編〜

【素晴らしき日々】〜GW明け、太宰府〜平尾編〜

昨日の母との恒例の九州国立博物館・太宰府デート、夜は尊敬する芸術家の先生と平尾でデート、いとうれし。

先生楽しかったです〜旨かったです!!ありがとうございました!!
(3,4枚目は博多いちえさんに書いた先生の書。)

GW中は自転車で自爆して、顔に怪我したりでいろいろ大変だったけど、
これから気を引き締めて参ります。

しかし今年のGW(いやその前からも)は、こんなにたくさんの大好きな方々と
酒席やランチなどをもたせて頂けたのは福岡で活動開始して5年目で初ですが、
嬉しいことでした。

Continue reading

【Nanaちゃんのバンド・Melotoronmelonの初ビデオ】~よかったら見てやってください。~

少し前から また歌を教え始めたぼくの大切な友人NanaちゃんのバンドMelotoronmelonが
初ビデオを作っちゃったのでよかったら見てやってください。

最初はかなりなアマチュア感から ここ1年半位ものすごい熱量で曲作りに励んできたの知ってたんだけど 一発録りでここまでやれるようになってたとは知らなかったから褒めてあげたいな。

で、なにか形になる時ってのは面白いモノで 「5/20に海の中道海浜公園である、Circle’17の
トップバッターを飾ることになった」という報告を昨日のレッスンのときに受けた。

それがこれ!↓

来れ!ニューカマー!結果発表
http://circle-fukuoka.tumblr.com/post/160182189947/%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%82%8C%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E7%B5%90%E6%9E%9C%E7%99%BA%E8%A1%A8

ぼくはちょうどその日はKIDSのオーディションで応援に行けなさそうだけど、
もし気に入ってくれたら応援に行ってほしい!

他出演者はそうそうたるメンバーで、電気グルーブ、EGO-WRAPPIN’、
LITTLE CREATURES×原田郁子、そして御大、細野晴臣他。

いきたかった。。

http://circle.fukuoka.jp/

これからぼく自身、またいい音楽を創っていこうと思ってるけど、やっぱり指導したり
教えたりするのは思ってもみない展開するから驚くし、自分以上に嬉しいもので、
ぼくの想いの分身たちも そんなみんなに乗っけてもらって世界のあちこちに
運んで行ってもらいたい気持ちです。

これからぼくんとこに集まってきてくれるみんな、面白いと思います。

是非、注目してほしいです^^

A-HEAD RECORDS 堤秀樹
http://a-headrecords.jp/

【豊かさや利益を得る前に、楽しい事や学ぶべき事が存在するプロセスは、オトナが伝えてあげなければならないのかもしれない】

【豊かさや利益を得る前に、楽しい事や学ぶべき事が存在するプロセスは、オトナが伝えてあげなければならないのかもしれない】

GWはみなさん、どのようにお過ごしでしょうか♪

本日こどもの日に、Fukuoka Future Music Academy 及び KIDS Aの名誉顧問として応援団長としていつも暖かいアドバイスや応援をいただいている、日本航空 山口支店長の武知 眞一氏がご自分のLineメッセージでFFMA KIDS Aについて発信していただけたので紹介させてください。

■ 今日は子供の日。西日本新聞の朝刊記事から、子供たちの未来や教育の様々なことを考えさせられた。福岡で音楽学校を始めた友人の堤秀樹氏と、昨夜は久しぶりに遅くまで、音楽や子供たちの未来を語り合った。
音楽の世界も昭和時代以降、地方から首都圏へ沢山のプレイヤーを供給してきたが、地方にはプロデューサーやクリエイターが未だ未だ少ない。育てようとしてこなかったから当然の結果なのだが、未来は気づいた時から変えて行けば良いだけだ。
堤さんが、試験的に昨夏に開催した子供向け音楽授業の映像も出来上がった。

Music Tech for KIDS @Groovenauts, Inc.
http://youtu.be/cwNpvZ5ZzNg

プロデュースするチカラは、音楽だけでなく、あらゆる仕事や働きにおいて必要なチカラであると思う。街の片隅でスタートする小さな学校だが、やがては、地方から直接、世界へ繋がりながら、この国の素晴らしき音楽が輸出される日が来る事を期待している。

なお、募集要項は別添参照して下さいませ。仲間達が制作した筑豊・糸田町の音楽映像作品も是非ご覧頂きたい。豊かさや利益を得る前に、楽しい事や学ぶべき事が存在するプロセスは、オトナが伝えてあげなければならないのかもしれない。

糸田町の子供達とコラボレートしたPR動画
https://m.youtube.com/watch?v=2qK4oCDhW-c
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあ、いよいよ子供達のワクワク音楽体験が始まります!

気合い入れて取り組んでいきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

FFMA KIDS A オーディション参加ページ
https://www.facebook.com/events/1968633983371065/

A-HEAD RECORDS 堤秀樹
http://a-headrecords.jp/

image

image

ー樹里ちゃん、先生軟弱ですいませんの巻ー 〜テクノロジーとフィジカルをシンクロナイズするという行為〜

ー樹里ちゃん、先生軟弱ですいませんの巻ー
〜テクノロジーとフィジカルをシンクロナイズするという行為〜

昨日は、奇跡的にワンオクのライブ観にマリンメッセに行ってきました!

いいだろうなとはもちろん思ってましたけど、たかをくくってました。。良すぎた♪ けど、、

まず水をズボンのポケットに入れて行かなかったことがそもそもの失敗で、誰が倒れるんだろうなと思ってたら自分が倒れましたw

たぶん場内極度の酸素不足で、自分がそもそも貧血なのを忘れて若者と一緒にジャンプしたのが
敗因です^^;

しかし内容は素晴らしくて演奏がいいから音像がクリアーで、歌は日本では圧倒的な
完成度なんじゃないですかね〜。
時にスティーブ・ペリーか?!という時もあるし。

音楽性は洗練されてるサウンド感だけど、いい意味で下世話なところもちゃんと残していて
とても分かりやすく、そこら辺がポピュラリティの絶対条件なんだってことがよく分かって
勉強になりました。

しかし演奏は無茶苦茶タイト!!OAのLooperのReNくんも同じく。

Baby Metal、MIYAVIなんかもそうだけど、あのタイトなグルーヴを体現できたアーティスト達が
これから日本から世界に打って出れる条件でしょうね。

つまり、やってることは昔からの伝統的なロックバンドとあまり変わりないんだけど、唯一昔のロックバンドと全く違うのは縦軸のかなり正確でしっかりとしたタイム感(グルーブ感)を
持ってるってとこなんだと思います。

さらにつまりは、テクノロジーとフィジカルをシンクロナイズできたアーティスト達だけが
大きく羽ばたけるんでしょう。

なぜだと思います?

この答えはぼくは確信を持って言えますけど今は言いませんw

自分の体には打ちのめされたけど、日本の音楽の未来はなかなかいいなっ!って感じた一日でした。

一緒に行った愛弟子、樹里ちゃんと。先生軟弱ですいませんXD

A-HEAD RECORDS
堤秀樹

「最終回のうた/The Day Project」

この動画やばいですね〜!

何度か話してますが、ぼくの帰郷は福岡に帰ってきたんですが、
実は南阿蘇村から始まったと言っても過言ではないです。

随分と闘病中に訪れましたし、温かい人たちにほんとよくしてもらいました。

ほんとはアスペクタの芝生の客席をどんどん登って行ったところにある音楽堂で
子供達に音楽教えるはずでしたし、もう住む古民家まで決めてました。 Continue reading

【FUKUOKA Future Music Academy KIDS A オーディションページを立ち上げました】〜新しい何かを生み出す力のために〜

【FUKUOKA Future Music Academy KIDS Aオーディションページを立ち上げました】
〜新しい何かを生み出す力のために〜

数時間前に子どものための音楽制作アカデミーFFMA KIDS A の5/20,5/21のオーディションの
イベントページをアップさせていただきました。

音楽を自分で創ってみたいと思ってるお子さんがいたら、「こんなのが始まるよ!」と
教えてあげてください。

Continue reading

【5/20(土)、21(日)開催】FUKUOKA Future Music Academy KIDS A・第一期生オーディション開催します。

A-HEAD RECORDSでは次世代の音楽を担う子どもたちの少人数制音楽制作アカデミー【FUKUOKA Future Music Academy KIDS A】を博多駅前5分の距離にある
レコーディングスタジオ(福岡県東総合庁舎5階)を使用し開講します。

本格的な音楽制作ができる子供たちが福岡で生まれる!

生み出す力を福岡で育む!! Continue reading

尾崎豊の25回目の命日に。My Guitarist江口正祥氏ロングインタビュー!

先日、A-HEAD RECORDS(福岡)でもギターワークショップをやってくれたばかりの

My Guitarist江口正祥氏の珍しくロングインタビュー!

尾崎豊の25回目の命日に。

尾崎豊さん 没後25年 「兄貴」と呼ばれたギタリストが明かす「素顔」(毎日新聞 2017年4月25日)

「反響の大きさに!」(Guitarist 江口 正祥 オフィシャルブログ 2017年4月25日)

『その時』

『その時』

尊敬するレイキ・ヒーラーの水上先生から嬉しい作曲のオファーを頂いた。

ぼくが人生で一番苦しい時代に、阿佐ヶ谷にあった彼女のヒーリングルームで初めてお会いし施術を受けた。

今回は以前に聴いていただいたぼくの個人的な音楽を気に入っていただいていてオファーしていただいたのだけど、「天から降ろされる時が『その時』なので期限は特にない」とのこと。 Continue reading