想い」カテゴリーアーカイブ

【感謝】

【感謝】
後ちょうど一月で庁舎オフィスとスタジオが同時になくなりますが、
長い間皆さん本当にありがとうございました。
博多駅のすぐそばに8年間も居させて頂いて、またたくさんの方に支えて頂いて
本当に感謝しております。
今後はコロナ禍でもありますから一時自宅のスタジオ?での音楽制作や
オンラインでのレッスンなど、今自分に出来ることを続けて行きながら
状況を見定めたいと考えています。
この一月で念願だった尺八山崎 箜山氏の音源制作並びにこの時期に
やはり念願だったシンガー小磯祐輔さんとのセッションで
庁舎スタジオは最後のレコーディングになる予定です。
お二人の素晴らし過ぎる音色は庁舎スタジオにとっても納得のラストになることでしょう。
ぼくにとっても皆さんにとっても本当に激動の年になる様相を呈してますけど
お互いに自分のやるべきことを見つめ直す良い機会にして行きたいものですね。
そしてまた対面で逢いたい人達と一緒に笑い合える日を楽しみにしております。
ぼくはこれまで空いた時期もありましたが32歳から25,6年の間、
音楽プロデューサーとして存在させてもらいました。
でもぼくのこれからの夢は大作曲家になることです。
その歳から成れるわけないときっと苦笑されるのでしょうがそれは当たり前です。
ぼくもそう思ってましたから。。
でも最後にひとつだけやり残した想いがあるのが作曲ですから
最期の時までコツコツと良い作品を残して行きたいと考えています。
ヒト、コト、バショ、そしてアートに対する特別な意味を持つ音楽。
世界中のたくさんの人たちが心を躍らせてくれるポップミュージック。
今のところこの二つが自分の主な領分だと感じていますので
ぼくの音楽が必要だと思って頂ける方は是非お声掛けください。
今月で契約も切れるので現在のホームページは落して
来月辺りに新しいホームページでこれからの活動をご報告させていただきます。
それでは後一月、悔いのないように頑張って参ります。
本当にありがとうございました。
A-HEAD RECORDS 堤秀樹

コメントする
シェア

映画「音響ハウス」に行ってきました。

昨晩、仲間たちと映画 音響ハウスに行ってきました。
そこにはスタジオの隅々の場所や機材、人を懐かしく感じるぼくがいました。
そして師匠はじめ、20代の前半でお世話になった井上艦氏やそのセッションで
はじめてプロのエンジニアの方の仕事を見せて頂いた田中信一氏や
ファジコンをマスタリングして頂いていた中里氏、音響のアシスタントやテックの彼。
音響の1st.2st.6stをハートミュージックの一員として、またビクターミュージックアーツの
一員として使わせて頂けた事を誇りと思うと共に、数々の素晴らしいアーティストの
皆さんの歴史を共有させてもらえていたのだという事実を確認でき、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
もちろんまた、いつか使える日が来るようにと願ってますが、
皆さんがインタビューで仰ってたように「スタジオはマジックを起こしに行く場所」という
共通の意識を伝えていきたいと思いました。
また、監督は映画「SUKITA」を初監督された方で、なんとビクタースタジオで
映像の方のエンジニアをされてた方という事でご縁が深いなと感じました。
そして何よりなんのコネも情報も少ない故郷の宗像から
高校卒業後上京しその事を知ることが出来た一人になれたという事実は
やはり自分が歩いたこの道。
いろんな事があったにせよ、今がどうであったとしても
この道程しかなかったなと思えて有難い気持ちでいっぱいになりました。
素敵な映画をありがとうございました。
堤秀樹

今、師匠は何を考えて何処に行こうとするのだろう?-日本屈指の音楽プロデューサー笹路正徳氏

今、師匠は何を考えて何処に行こうとするのだろう?
とても興味あるのでぼくはもちろん買いますが皆さんも是非配信もあるそうなので
少なくとも聴いて欲しいと願います。
日本屈指の音楽プロデューサー笹路正徳氏。
この方が日本の良質なポップスやロックを牽引してきた事は歴史が物語ります。
プリプリ、ユニコーン、スピッツ、ブリグリ、HY、コブクロ、最近では
椎名林檎などのプロデューサーを務めてきた方のリーダー作はどういうものか
聴いてみたくないですか?
年始1/8、お年玉握りしめて愉しみにしています;)
つつみ
追伸 明日はビクタースタジオより良く使わせてもらった映画ONKIO HAUS、}
追加上映を懐かしんで観て来ます♪

ルークに御意!!

今日、曲創りや歌を教えてる10代の若者がぼくに次のレッスンから理論を学びたいから

何を用意したら良いですか?と自分から言ってきた。

理論を勉強しなくてもとんでもない天才やとんでもない経験を叩き上げた人とかいるのも

良く知っているよ。

けど、殆どの人はそれではないと思うので、その事を自分で言ってきたのは超嬉しかった。

学ぼうとする謙虚な気持ちは音楽の優れた先人たちからの贈り物をもらう準備が

既に出来ているということだからね。

学びたい人いたら教えるから言ってきて、教えるからさ。

STAY HOMEの今だからこそ

STAY HOMEの今だからこそ懐かしのものが出てきました。
子供の頃からうちの何処かでたまに出てきてはまた消える本、実家2回も引越した今でもまだうちに存在してました。
母が昨日発見^ ^
このタイミングで【アンネの日記】。
しかも、14歳の母の直筆サインとコメント入り!
昭和二十八年一月九日
竹田市くるみやで求る
児玉光江
ぼくは求るってどゆこと?wって笑った。
「求る」って、気どっとったちゃろうね〜と母も笑った。
今我が家はそんなフェーズ♬
しかし、この十年後にぼくは生まれてくる訳なのでぼくも相当昔の人だなぁと
自覚したりもするけんだけど、今日やった事はSERUMという楽器のアプリを研究してる訳だから
時間軸はあってないようなものだとも思える。
アンネフランクも随分と長い間隠れ家生活をしたと記憶しているけど
ぼくも3年くらい実家近くの隠れ家の様なアパートでほぼ一人で過ごした経験がある。
だから今はうちでかあちゃんとラジオ体操したりいろいろ笑ったり、
仲間たちとZOOMで話しとかも出来てるから幸せ。
不謹慎ですまんけど、全然幸せ。お金はきっと何とかなるって変な自信もあるからかな。。
でも、たくさんの人が悲しい思いするのは嫌だから本当は自転車で行って
誰も居ないオフィスで仕事するからほぼほぼ危険は無いんだけど
今はうちからほとんど出なくて月曜日から5日を過ごしている。
そして明日もまたうちからZOOMレッスンしていろいろZOOMで打ち合わせ。
ZOOMさまさま。
そしてここはやはり、STAY HOME。
みんなで知恵出して踏ん張って行きまっしょ;)
つつみ

昨年書いた事。熱意を育てる時代。

昨年書いた事。熱意を育てる時代。

二期生から頂いた寄せ書きの中に、私はソロシンガーになる夢を持てました。とか、次に会う時はミュージックステーションで会いましょう!と子供達は書いてくれていました。
それはまさしくこの事を通して熱意を持って何かをやろうと思ってくれたのだから一年間取り組んだ事が報われた瞬間でした。
そしてまた6月から新しい直方ギッズ達と取り組む第3期を無事に始められる事を祈ってます。

つつみ

【熱意を育てる時代】

一昨日のユメミルコドモネアカデミーでのぼくのスピーチで伝えたかったことをもう少し詳しくお話ししたいと思います。

iPad教育というと何か今の時流に乗って新しい手法という意味合いで採用しているようにも受け取られると思いますが、ぼくがまず伝えたかったことは音楽制作の道具としてのインフラが整備されていよいよ音楽界は次の時代に入っていくということです。
もちろん、他のクリエイティブな分野でも同じことが言えると思いますが経済的な理由でやりたい事を諦めたり、育った環境で情報を得ることが出来ないような事はなくなる時代。
平成はその過渡期だったとすれば令和の時代はそういう時代に入って行くと思ってますし、逆にそれさえあれば自分のなりたいものに慣れる時代が令和なのだと感じてます。
その中で子供達に伝えていかないといけない事はきっと熱意と挑戦する気持ちなんだという事をぼくは言いたかったわけです。
かんじゃってうまく伝わってないかも知れないので補足させていただきました(笑)
もうひとつ、大人の責務として伝えないといけない事は良質の熱意を伝えるべきでそれを伝えてもらった子供達がきっと日本をもう一度盛り上げてくれる存在になってくれるのだろうなと感じてます。
ぼくらユメミルのスタッフ一同はそういう教育を心に誓い第二期生を迎えて行きたいと思っています。
それにしても子供達の笑顔は地球を照らしていく事を改めて感じさせてもらいました^^
また次期、直方の皆様にお世話になります!
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

【畏れ】とは、、

【畏れ】は、

1.こわいと言う気持ち。

2.何か災いが起こらないかという心配、懸念。

が一般的感覚ですが、もうひとつ、

3.神仏や年長者に対するつつしみ。

というものがあります。

で、つつしみとは謙虚な気持ちでいること。

こういう時に考えるべき事はきっとこわいと思うことの裏側に
つつしみをもって生きる事をもう一度確認する時期だと
教えてもらってるのだと思うのです。

人間はここ100年以上、経済活動を生きる事の最大の正義として振舞って来ましたし
ぼくもそう振舞ったひとりである事への自覚もあります。

きっと、今大切なことは、こわがることでなくつつしむこと。

そういう意味で畏れて生活していきましょうね^ ^

きっと、ゆるされる時が来ますから。

つつみ

【Phases of Life】フェーズという言葉をこの頃聞く機会が多くないですか?

【Phases of Life】

フェーズという言葉をこの頃聞く機会が多いのですがそんなことないですか?

音楽的には位相だと理解してきましたが、今は局面とか段階とかの意味で使うことが多くなってるように思います。

けど自分の人生の中でもフェーズが変わった瞬間は細かく分けると30以上あって、大きく分けても15くらいはあるでしょうか。

皆さんは如何ですか?

これは個人的なフェーズですが社会全体のフェーズもあるから更にややこしいですよね。

でもぼくら50代以上の人の若い頃のフェーズの変化は結構緩やかだったと感じてますが今の若い世代のフェーズって2年、場合によっては1年くらいで起こってそうで悪いことばかりでは無いと思うけど何かを成し遂げるには少し忙し過ぎて腰が据えられないのではと勝手に気の毒に思ったりしてます^ ^;

これからの生き方としてどんどん時代の変化が加速していくのは明白なのでもしかし2つの位相軸を同時に動かしていく他ないのかも知れないですね。

ひとつは長い幅で緩やかに目的に向かって着実に進む軸と、もうひとつは時代の波長に合わせて敏感に反応を繰り返す軸と。

あ、やっぱりかなり忙しそうww

今考えると昔はもっと呑気だったと思う。。

でも、その2つの波が何処かでピッタリ重なる瞬間をぼくは愉しみに待ちたいと思います。

堤秀樹

〜ヴォルタ高校の皆さんへ〜 イタリアの高等学校校長先生からのメッセージ

〜ヴォルタ高校の皆さんへ〜
イタリアの高等学校校長先生からのメッセージ

一部抜粋

当局の判断を信頼し、尊重し、その指示を注意深く観察して、そして君たちには次のことを伝えたいと思います。

冷静さを保ち、集団パニックに巻き込まれないでください。基本的な対策(手洗いうがいなど)を怠らず日常生活を続けてください。

この機会を利用して散歩をしたり、良質な本を読んでください。体調に不備がなければ家にこもっている理由はありませんが、スーパーや薬局に殺到しマスクを探しに行く理由もありません。マスクは病気の人に必要なものです。

そしてぼくはマスクを外した。

つつみ

イタリア新型コロナ:休校中の校長が生徒に送った手紙が秀逸!と話題

【今を生きぬく】

【今を生きぬく】

人生は移ろいやすく時間が来たらはいそこまでよと
背負って来た重い荷物を地面に置かされるのだ。

その究極的なことは死であるのは明白だけど、人生の局面でも
人それぞれ大なり小なり様々な形でそれを経験する事となる。

そしてその時、人はどう考えどう行動するのかが
その後の人生にとって大事なところだとぼくは考えている。

けど、ひとの心はどんどん進化や後退を繰り返しているから
あの時と同じ判断をするのか進化したなりの判断をするのかは
そうなってみるまで分からない。

という事は、、

日々起こってくる仕事や問題に一生懸命尽くしていくしか無いし、
夢のための習慣の他はあまり深く考えても致し方ないのではないか。

つまり【今を生きぬく】しかないのではないか?と考え
ご時世を横目で見ながら今日も曲を創ってます(笑)
たったこれだけで^ ^

ちなみに今日はけん玉世界5位の少年の為のHip Hop!!

マイメン牛久のTYKOと共作

つつみ