鋤田正義写真展」カテゴリーアーカイブ

cross FM 「URBAN DUSK」に出演しました。

staffです。10/1(月)に伊佐高吉プロデューサーと堤がラジオに出演しました。
10/19(金)のSUKITA MUSICについて、語っています。
そのときの様子を聴けなかった方のために、テープ起こししました。

—————-
栗田善太郎さん:月曜日は福岡から世界まで、各都市で活躍する様々な人にお話を伺います。今日は、SUKITA MUSIC主催で活躍する音楽監督の堤秀樹さんと統括プロデューサーの伊佐 高吉さんにスタジオにお越し頂きました。

堤さん、伊佐さんよろしくお願いいたします。

堤、伊佐さん:よろしくお願いします。

栗田さん:SUKITA MUSIC、まずですね、今年直方で開かれた鋤田さんの写真展。これは伊佐さんの方でしたよね。

伊佐さん:そうですね。

栗田さん:これ、大成功で。

伊佐さん:そうですね。一万人、一万一千人くらい。
栗田さんも二度ほど来ていただいて。

栗田さん:この番組にも来てもらって、そのお話をしてもらいました。私も2回ほど
行きましたが、まあすごいお客さんでしたね。
鋤田さんの地元で写真展をおこなって大成功だったというお話でしたけども。
エキシビジョンとはどういうことなんですか?

伊佐さん:そもそも写真展の企画をしている中で「写真展を無音、サイレントの中で
見せるのかな」と思ったときに、僕が音があった方がおもしろいなとひらめいて。
よくある既成の曲を使うのはおもしろくない。別のプロジェクトで堤と組んでいたので
「アンビエントな感じで作ってみない?」と飲みの席で決まりました。これ実話です。 続きを読む

鋤田正義氏から温かい応援メッセージを頂きました。

【鋤田正義氏からの温かい応援メッセージ】

SUKITA MUSICのシンボル、鋤田正義氏ご本人から素敵な応援メッセージを頂きました。

現在80歳のこの写真家、鋤田正義氏は、ご存知の通りデビッド・ボウイやT・Rex、イギーポップ、YMO、忌野清志郎、MIYAVI始め世界を未だに股にかけて活躍している著名な写真家です。

SUKITA という映画も今年全国的に公開され、福岡ではKBCシネマで公開されたのでご覧になった方も多いのでないかと思います。

ぼくたちの構想をプロデューサーの伊佐くんから話してくれた時、鋤田さんは「ぼくはこの前応援すると言ったけど、これは応援ではないね。ぼくも一緒にやりたい!」と言ってくれたと興奮して伊佐くんがぼくに伝えてくれました。

今回コンサートの翌日10/20にロンドンで布袋寅泰さんのライブでのシューティングが入っていて参加出来ないのが残念だけどメッセージを贈らせてもらいます。の言葉通り、数日前にメッセージビデオを送って頂きました。

当日ぼくらはLondon の鋤田さんに向かって演奏させて頂きます。

是非、みなさんも鋤田さんのメッセージを受け取ってください。

好きな事をひた向きにやり続けると何が起こるのかを感じて欲しいと思います。

ぼくも現在55歳ですが1日1日ひた向きに新しい音楽を作り、音楽を作れる人を育てて行くと心に決めています。

では、どうぞそのひととなりを楽しんでご覧いただければと思います。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

鋤田正義氏からのメッセージは、こちらからどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SUKITA MUSIC 再現&進化形ライブ ~The SUKITA Universe Enveloped in the Light~

チケット発売中
・チケットぴあ
・Pコード:127351
・URL:http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1840450

チケットぴあでは「SUKITA MUSIC01~光りにつつまれるスキタユニバース~」というタイトルになります。

予定日時 : 2018年10月19日(金)
開演時間  1部公演 開場13:30 開演14:00
2部公演 開場18:00 開演19:00
入場料
前売り券  大人3,800円、高校生以下2,000円
当日券  大人4,500円、高校生以下2,500円 (未就学児入場不可)

・お問い合わせ先
A-HEAD RECORDS )aheadrecords@gmail.comまで件名に「SUKITA MUSIC サイエンスホール公演に関する問い合わせ」と入れてください。

 

続きを読む

KBCシネマ、初めて来ました。

福岡ラス前、ギリギリ滑り込みで観れるようです!!

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬。

KBCシネマ、はじめて来ました。

初心者ですがよろしくお願い致します🤲

東京ミーティングは既にパンパンになりそうですが一気に決めたいと思います;)

堤秀樹

ありえないプレゼント。

博多駅かなり上空で伊佐プロデューサーから手渡されたものは何んと世界の正義SUKITA氏からの有り難いメッセージと記念の品だった。。

ありえないプレゼントにぼくと濵田はむせび泣いたのであった。

あいつもきっと…。

こちらこそ最高の機会とイマジネーションを与えて頂いてありがとうございました。

またお会い出来るように精進して参ります!

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

― 一万人のみなさまへ ―

ー一万人のみなさまへー

明日、明後日でみなさんに大変楽しんで頂けた、直方谷尾美術館で4/3から開催された鋤田正義写真展「ただいま。」が閉展されます。
みなさん、連日お越しいただいて本当にありがとうございました!

そして、こんなに精魂込めて創った作品はあったか?と自問してしまいそうになってしまうぼくの音楽たちも役目を終えるのかと思うととても寂しい気持ちにもなります。

明日の午前中には10,000人を超える予想だそうです。

一万人を超えるみなさんが鋤田さんの写真に魅了されて直方に足を運んだ。

これは凄いことですよね。

それだけの方々に聴いてもらえた音楽って、、感無量です。

明日、もし行かれるか予定の方は是非1万人目目指して谷尾美術館にお越しください!

ぼくも13:00頃には最後のご挨拶に伺わせていただきます!!

最後、みなさんで是非盛り上げてくださいませ!!!

一万人のみなさまへ、ありがとうございました。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

 

たった今、「Love」がDropされました。

たった今、鋤田正義写真展に提供する最後の楽曲、通称「Love」がエンジニアの濵田崇史の手からDropされました。計5曲また新しい自分の音楽を産み出すことができたのは鋤田さんはじめ実行委員会のみなさん、そして参加してくれた音楽家の皆さん、そしてなにより満足できる出来に仕上げてくれた濵田に感謝です!
この楽曲はFUZZY CONTROLのJUONくんのエレキギターをフューチャリングして、シンガーのHAKUのBreaty Vox、そしてぼくの4名で無事産み落とす事ができて本望です!

JUON君のお母様のリリーさんは福岡出身で、生前とてもお世話になってましたから喜んでくれてるんじゃないかと勝手に思ってます。
本日の何処かで新曲Loveが追加されると思いますので、それも愉しみにあと10日で閉展する鋤田正義写真展に是非お越しください!
写真もかなり変わっていて新鮮に楽しめます^ ^

それではぼくは帰って寝ますが、みなさんは今日も素敵な一日を;)

つつみ

筋肉の動きが、その声を躍動的にするんですね。-G.W.のマイクセッティング-

昨日今日とゴールデンウィークのぼくはこんなマイクセッティングが必要な方々総勢5名の声を録音させて頂きました。。。

筋肉の動きがまたその声を躍動的にするんですね。

勉強になりました!!

スタッフの皆さんともお互いに慣れてきて楽しくなってきたところで、さようならが寂しいですが、また何処かでお会いしたいです。

大きなみなさん、今日も元気に飛び跳ねて人々を幸せにしてください^ ^

Good Luck Everyone!!!

Hideki

MUSIC for SUKITA photo exhibition in Nogata2018


このMUSIC for SUKITA photo exhibition in Nogata2018

は実行委員会のみなさんや写真展に訪れたみなさまの嬉しくも有難いリクエストのおかげで、今のところCD-Rの形ですが先日の「鋤田正義、鮎川誠両氏のトークライブinユメニティのおがた」から発売開始されました。

有難いことに館内はもちろん当日も流していただけていたので予想以上のお客様に購入いただけたことは、ぼくもデザインを担当してくれた実行委員会もミックスを担当した濵田も、そしてプロデュースを担当してくれた伊佐氏もみんな本当に嬉しかったと思います。

皆でこの鋤田正義写真展のために作った音楽作品をパッケージとして完成し販売することができたのですから本当に嬉しいですよね。

些細なことかもしれないけどそれは新しい音楽の売り方の一つの形となるともっと素晴らしいです。

ぼく個人としては音楽ビジネスに深く関わっているドイツから来た日本人の方や音楽を作っている白人の女性や日若踊り(ひわかおどり)で三味線も弾く音楽通の坂田さんやもちろん伊佐くんも絶賛してくれたりして恐縮しつつもやはり嬉しいものですね。

後、半分を過ぎた写真展の中でこの作品に運良く出会われた(今既に残り少ないはずなのですが。。)方は是非お手にとっていただけると嬉しいです。

みなさま宜しくお願い致します。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

死を目前にして想うことって。-ちゃんとしてないおもしろさ、とは-

そうですね。
死を目前にして想うことって、意外とこんなことかってのは多いかもしれませんね。
龍一さんに共感するようで申し訳ないと思いながら書いてます。
でも、そのことを知りながらまだもう少しある人生を生きていくのはぼくにとっては神様からのプレゼントだと感じてるし、ぼくは彼よりもずっと愚鈍だったから まだもう少し若者の様な成長している感が今でももてていることは逆に幸せなことなのかもしれません。
確かにぼくらは自然に抗って生きてるんです。音楽で世の中を変えられるとも思ってないし、意味なんかなくても生きられるんなら生きたい訳です。 続きを読む