月別アーカイブ: 2017年11月

【アコーディオン アライタケヒト】


【アコーディオン アライタケヒト】

本日はHAKUとこの方と一緒にお話しさせていただきました。

話していくうちに とても共通する想いを感じました。

でもそれは彼の音楽をHAKUに聴かせてもらって「素晴らしい感性をしているな〜」と感じたところから分かっていたことかもしれません。

音楽と人生観はとても似てますからね。

今日はそんなことを感じながら彼とHAKUの3人でソロコンサートのアイディアを話し合いました。

そうです!!

来年1/28(日)のHAKU ソロコンサートに福岡産の名アコーディオン奏者、アーティストのアライタケヒトさんを数曲でゲストとしてお招きすることになりました。

福岡からの新しい音楽の息吹を感じてもらえたら幸いです。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹


・アコーディオン アライタケヒト (2017.10.31まで。11.1公式ホームページ開設)

・アライタケヒト オフィシャルホームページ

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

cross fm 鶴田弥生さんの番組でお話させていただきました。

昨日はHAKU共々CrossFMの鶴田弥生さんの番組でお話しさせていただきました。

放送は12月の5つの日曜日の予定です。

Brandnew ! Sunday【Na.鶴田弥生】日 08:00~10:45

の中で放送されますのでよかったら聴いてください!

HAKUの曲はNew Album’ONE’からも たくさんかけていただけます。

いつも私やHAKUを応援いただいている日本航空山口支店長武知(たけち)さんの「JALの地方創生の活動」に始まり、私と武知さんやHAKUとの馴れ初めや活動内容の話で結構盛りだくさん、きっと盛り上がってると思います笑。


もちろん年明けのこのソロコンサートの内容をしっかりお話しさせていただきました。

何よりも素晴らしかったのは鶴田さんの機転のきいた話の引き出し方で 喋りやすいことこの上なくて最高でした^^

クリスマスの週12/24は なんとHAKUのアカペラでサイレント・ナイトを聴いていただけると思いますのでお愉しみに。

是非聴いてください!!

最後はCross FMバックに4人でパチリ♪

A-HEAD RECORDS


cross fm

Brandnew sunday!

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

Bass Player 納 浩一氏を紹介します。

次にご紹介するのは、現在の日本のJazz界で、とても重要な立場にあると
私が思っているこの方、Bass Playerの納浩一(おさむ こういち)氏です。

今回 HAKUのSolo Concertで弾いていただけるのが夢のようですが、Blue Note All Starsや
アコースティック・ウェザーリポート、EQなど日本のJAZZ界のトッププレイヤーであることは
間違いないでしょう。そして言わずと知れたJazz本のベストセラー「Jazz Standard Bible」の
著者でもあります。

その納氏がこのイムズホール、六本木クラップスでのコンサートのオファーに彼女の歌声を聴いて快諾いただくのに1時間もかかりませんでした。それはHAKUの音楽のキャリアにとって、とても光栄なことだったと思います。

まだ記憶に新しいところで、ビートたけし氏とのセッションCM「遊べ、もっと。ZENT」の
納氏の勇姿をどうぞ!

●「遊べ、もっと。ZENT」

https://www.youtube.com/watch?v=v_-TvnduTnI

「Jazz Standard Bible」のご購入はこちらからどうぞ。
(※Amazonにリンクしています。)

〇2019年 1/14(日)東京 六本木クラップス、1/28(日)福岡天神イムズホール、
HAKU SOLO CONCERT [Forbidden Colours]のチケット予約はこちら。

aheadrecords@gmail.comまで

公演場所(東京or福岡)、お名前、携帯番号、枚数をお知らせください。

追って返信させていただきます。

よろしくお願い致します!

A-HEAD RECORDS 堤秀樹


納 浩一 Official Website!

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

【来年1/14(日)開催@東京・六本木】HAKU・六本木クラップス公演の詳細について。

HAKUの来年1月14日(日)の六本木クラップスでの公演にも

たくさんのお問い合わせを頂いてありがとうございます。

詳細が出てますのでご確認よろしくお願い致します。

————————————–

2018年1月14日(日)

18:30 open 19:30start

ticket 前売り4,500円  当日券5,000円

(入場時ファーストドリンク700円別途)

aheadrecords@gmail.comまで、

件名「HAKU六本木クラップス参加希望」

氏名、携帯番号、枚数をご記入の上ご予約ください。

http://c-laps.jp/

A-HEAD RECORDS


六本木クラップス

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

【Day Zero】今日はリボンの会 秋の医療講演会に来てます。


【Day Zero】

今日は母と元気な姿を見てもらいに久し振りにリボンの会の秋の医療講演会、浜の町病院に来てます。

リボンの会とは、「血液疾患を考える患者・家族の会」で、ぼくの命の恩人、代表の宮地さんが
長い間続けて頂いて本当に頭が下がります。

本日はセカンドオピニオンではじめてお会いして最終的にこの方のチームがぼくを救ってくれた、恩人中の恩人、衛藤徹也先生の講演「同種造血幹細胞移植の今」を聞きに来ました。

ぼくはこの衛藤先生に出会えた事が運命を決めました。

「この人になら命を預けられる」とぼくの直感は感じ、浜の町病院に移りました。

それはおそらく人生でも、1、2を争う最高の直感だったと思います。

皆さんはご存知ですか?

病気は薬で治すのではなく人が治します。

それを教えてくれた方のお話を久し振りにこの後聞きます。

「みんな、わー元気になったね」って喜んでくれました^_^

最高!!!


・リボンの会 血液疾患の患者会

「この人は化けますね。」-Micheal Jackson “Thriller” MOCO cover version-

まずはHAKUが今年前半まで「MOCO」という名前で活動していたことは、近しい方やファンの方はご存知の通りでしょうが、私は一度ライブを拝見して興味を持ち、YouTubeのマイケルジャクソン「thriller」のカバーを聴いて確信しました。

アレンジの素晴らしさもありますが、この歌手は絶対全国区の存在、もっと言えば世界にも通用する歌手に化けていくと感じてコンタクトを取らせてもらったのが始まりです。

先日亡くなられた日本の音楽業界の重鎮、渡邉憲一氏も同じように「この人は化けますね」とおっしゃって、HAKUのCDをヘビーローテーションしてくれていたそうです。

たくさんの音楽に関わって世界と日本の音楽を繋いでいかれた氏が同じように感じてくれたのは
本当に嬉しかったです。

まずはその曲からご紹介していきたいと思います。

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

ーFukuoka Future Music Academy【Master Class】の増員についてー 〜2名限定募集します〜

ーFukuoka Future Music Academy【Master Class】の増員についてー
〜2名限定募集〜

10月から始まったA-HEAD RECORDS主催の音楽制作にまつわる様々な知識や技術を本格的学んでいく、Fukuoka Future Music Academy【Master Class】を始めています。

Master Classではかなり本格的な内容にも移って行ったのを契機に、参加者もしっかり音楽制作ができる方やできるようになってきた方も多くなりました。
「あと一年もすればかなりクオリティーの高い制作者集団が福岡に出現することになるんじゃないか」と思ってワクワクさせてもらってます^^

しかし日曜日はイベントや用事が入ることが多く参加者が少なくなり、月曜に固まってしまう傾向にあるのがもったいないので、あと2名だけMaster Class日曜クラスの増員をします。

もしご興味のある方はご連絡ください。

条件は

・ある程度音楽理論がわかっていて、

・尚且つ音楽的な成長と音楽制作を絶対やれるようになりたいと願っている人、

・基本的に日曜に来られる人

限定でご応募ください。

一度面談と理論のテストをさせていただいて決定させていただきます。

勝手ながら、2名決まり次第今回の募集は終了させていただきます。

A-HEAD RECORDS 堤秀樹

HAKUと紺野紗衣とのツーショット。そして、、?



先日の東京行脚での今回のソロ・コンサートでバックを
務めていただくピアニスト、紺野紗衣(こんのさえ)氏と
はじめてHAKUがお会いした時の貴重なツーショット。

そしていらないと思うけど今回プロデュースをさせていただく私とのスリーショットw

美しいお二人と混ざってしまって恐縮です。。

というか、すみません💧


 

 

 

 

 

 

でも視覚的にもどうぞご期待ください;)

A-HEAD RECORDS堤秀樹


紺野紗衣オフィシャルサイト
http://www.saekonno.com/

HAKU ホームページ
https://www.haku1.info/music-1

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

本日はこれやりました!!


本日はこれやりました!!

HAKUが自分で今回のハガキ型チケットにThank youのスタンプを押して
なかなかお会いできない方のためにチケット発送開始しました^^

黄色い縁(ふち)が可愛いでしょ?!
イムズホールのチケットです。

今日もたくさん買っていただいてみなさんありがとうございました^^

HAKU応援ページはこちら↓
https://www.facebook.com/groups/HAKUHAKU/?source_id=576206175728962

(※facebookを利用しています。)

つつみ


・イムズ Inter Media Station IMS‥福岡にあるインターメディアステーション、イムズ。

HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)

HAKUのソロコンサート2018Forbidden Coloursの応援ページへの「いいね!」をたくさん頂いて感謝しています!

みなさん、本日立ち上がった、HAKUのソロコンサート2018Forbidden Coloursの応援ページへのいいね!をたくさん頂いて感謝しています!

よかったら参加ボタンを押して応援よろしくお願い致します。

九州からもこんな良質な音楽を届けられるということをみなさんと共有できたらと思いスタッフ一同頑張ってまいります。

HAKUの声に賛同いただいてバッキングメンバーを快く引き受けてくださった3人のメインメンバーのお名前だけ改めてお知らせいたします。

詳しいプロフィールはタイムライン下↓でご確認ください。

ベースに日本のジャズベースの僕が思うレジェンドプレイヤー、納浩一(おさむ こういち)氏。
氏はナベサダバンド、ブルーノートジャパンのオールスターズ、EQ、アコースティック・ウェザーリポートなど数々の名グループの中心的存在。
Jazzの著書も多数で、ジャズ・スタンダード・バイブルなどは名著との呼び声も高い。

そして、いつも美しい音色で答えてくれるピアニスト、一青窈、平原綾香、森山直太朗、吉田美奈子、五輪真弓と数々の名シンガーの指名を受ける紺野紗衣(こんの さえ)氏。

そして、最高に優しくてキレがあり芸術性をいつも足してくれるぼくの大事な友人であり、やはり一青窈、森山直太朗、玉置浩二、MIYAVI、手嶌葵という錚々たるアーティストのバックを務めて
来たまさに盟友、中北裕子(なかきた ゆうこ)氏。

という面々でお送りいたします。

そして、みなさんは近すぎてまだ分かってないかもしれませんけど、世界にも通じるとても稀有な歌唱で答えるのが私たちの仲間であるHAKUであることは間違いのない事実です^^

是非この才能をもっと多くの人に届けたいのでどうぞみなさん力を貸してください。

チケット予約も私が承りますので遠慮なくお申し付けください。

aheadrecords@gmail.com に、件名に『HAKUソロコンサートチケット希望』と書いて、枚数と住所氏名、連絡先を送ってください。

どうぞよろしくお願いいたします。

HAKUホームページ
https://www.haku1.info/

A-HEAD RECORDS 堤秀樹


HAKU SOLO CONCERT 2018 【Forbidden Colours】応援ページ

(※facebookを利用しています)