2016年8月20日(土)から、FUKUOKA Future Music Academyの説明会を個別面談を開始しました。

みなさんが一番知りたいであろう料金も直前に確定できて、今日の参加者に伝える事ができましたのでみなさんにもお伝えさせてください。

FFMAは5枚綴りの回数券チケット制なのですが1時間〜1時間15分の1コマのレッスンを1枚1500円のチケットを使ってもらうと言うシステムです。1レッスン基本的に5名以上は入れません。

※変更があります。

みなさんがたくさん参加してもらいたいと願ってるので既にお伝えしたシステムの一部変更させてください。

基本を1コマ1,500円のチケットで、FFMAのメインの科目である「総合アレンジメント for Real Instruments & DAW」だけは2コマで2枚チケットとお伝えしてましたがそうすると大人は大丈夫だと思いますが若者は結構行きたくてもいけない状況にもなると思うので改善してみました。

総合アレンジはチケットは1.5コマ分にすることにしました。

なので5枚綴りでなく、10枚綴りの回数券にしたいと思います。

つまり1コマ1枚でなく、0.5コマで1枚なので基本は2枚使ってもらうのですがこの授業のみ3枚の回数券を使ってもらうことになります

もう極限まで安くしているのでひとつだけご理解いただきたいことは、1300円/hのスタジオ代だけはぼくを含めた参加者で毎回シェアします(ぼくも今回大いにに学ばせてもらうという意味で)。

この料金体系は東京ではまず成立しませんから、地方が教育という側面から見た時は有利に働いているジャンルのひとつかもしれませんね。

そもそもレコーディングスタジオでレッスンとかできませんからw

これなら高校生だって少しバイトすれば自分が本当に知るべき情報を自分の手で得る事ができるでしょう?

しかもまず演奏を中心に教えてる一般的な音楽学校では得る事のできない音楽制作に関する有益な情報や技術をたくさんお伝えできると思うので、そのことの意味を察知できるセンスのいい方にだけ参加していただきたいなと思ってます。

しかし今日の参加者は全員目をキラキラさせて帰って行ったので
方向性に間違いないと確信できました。

FFMAは9/3からスタートしていきますのでどうぞ検討してみてください。

内容と主旨をまとめた(どんどん改良していきますが)PDFを読んでみたい方がいれば遠慮なくリクエストしてくださいね。
すぐに送らせていただきます。連絡先はこちらです。

さあ、福岡から元気な日本の音楽シーンの一端をぼくと一緒に作っていきましょう^^

A-HEAD RECORDS 堤秀樹